「温故創新」210414 N726 伊波喜一

飢餓のない 世界築かん 食料の 確保と供給 平和への道  

 公園の新緑が風に揺れている。午後から崩れそうな空模様と対象を成して、薄い緑が美しい。 

 世界では慢性的飢餓を訴えている人達が、9人に1人の割合でいる。

 国連WFP(世界食糧計画)は、毎年80カ国以上で1億人を超える人に食料を届けている。その理念と活動が認められ、WFPは2020年にノーベル平和賞を受賞した。 

 今世界では紛争や気候変動、貧困、災害、コロナなど困難な課題が絡み合い、約7億人もの人が飢餓に苦しんでいる。

 急激に飢餓状態に陥る急性食料不安の人は、2億7千万人いる。食料と水の確保は生命維持に直結するだけに、紛争に発展しかねない。 

 実際、世界には全ての人をまかなえるだけの食料がある。卑近な例でいえば、日本の食品ロスだけで年間612万トンもある。世界中の先進国の食品ロスを無くすだけで、慢性的飢餓状態を緩和できる。 

 食料の供給に加え、WFPでは学校給食支援も行っている。貧困国家では子どもは労働力と見なされ、学校に通わせてもらえない。

 特に女子の教育普及率は低い。安定して学校給食を提供することで、子どもが学び、何よりも将来に夢を抱くことが出来る。 

 WFP人道支援に、日本も力を入れてゆきたい。日本のように主義主張に偏らず、地道に国際貢献する方法は受け入れられやすいのだ。

「温故創新」210413 N725 伊波喜一

マスターズ 日本人初 10年目 グリーン周り パットで制す 

 日中の温かさとはうって変わって、午後3時を過ぎると急に気温が下がる。4月の陽気は定まらない。 

 男子ゴルフのメジャー大会、マスターズ・トーナメントで、松山英樹が初優勝した。日本人では初めてである。

 単独首位から最終組で出た松山は4バーディー、5ボギーの73でまとめ、通算10アンダーで優勝した。後半4ボギーを出しながらも、1打差で逃げ切った。 

 松山というと、豪快なティーショットのイメージがある。しかし今回、5番のティーショットをバンカーに落とすなど、後半から乱れが出た。

 グリーンに上げたものの、5mも距離があった。それを安定したパットで沈めた。今回の勝因は、このパットの安定にある。 

 それともう一つ。帝王とよばれたジャック・ニクラウスが「全てのパットがコントロールされていた」とコメントしていたように、悪い状況下でも決して崩れなかった精神の安定度が光った。 

 ゴルフは確かな技術に加え、自身の功名心や射幸心、一喜一憂する癖と闘わなくてはならない。最終ラウンドで追い上げられても、平常心で打つのは出来る事ではない。

 松山が自身の短所に向き合い、克服してこその勝利だったことを、インタビューで実感した。後続の限りない励みとなるだろう。

「温故創新」210412 N724 伊波喜一

改めて 健康である 大切さ 先々用心 恐れ過ぎずに  

 3年ぶりの検診で、一日ドックに行ってきた。

 前夜9時までに夕食を済ませ、今朝は朝食抜き。好きな珈琲が飲めないのが残念だ。

 西武線から山の手線、中央線に乗り継いで、お茶の水駅で降りる。

 普段なら大したこともない行程だが、1回食事を抜くと、何だか腹がすく。待ち時間が結構あるが、胃カメラを撮る関係で水分が摂れない。この時期だから良いが、夏場だと喉が渇いて仕方なかろうと想像する。

 検査は血圧、眼圧、腹部エコー、胸部レントゲン、心電図と滞りなく進む。15年前に眼底検査で緑内障が見つかった。自覚症状が全くなかったので、そのままにしておくと失明につながったかも知れない。

 オプションで、前立腺ガンの検査も加えた。医師からは本来、毎年検査するのが望ましいと言われた。

 食道や胃ガンの早期発見に有効だとのことで、胃の検査をバリウムから内視鏡に今回変えた。20年前の苦しいイメージを思いドキドキしていたが、全身麻酔をして内視鏡を入れたら、眠っている間に検査が終わっていた。その間30分程度。検査方法が格段に進歩していることを、実感した。

 人生100年時代を生きるのは骨が折れる。早期発見し対処していくと同時に、病に翻弄されず正しく恐れていくことが求められよう。

「温故創新」210411 N723 伊波喜一

禁止する 改正種苗 持ち出しを 日本の宝 種苗守らん

 庭のモッコウバラが咲き始めている。昨夜来の強風にも負けず、今朝も黄色の花を咲かせている。

 昨年末に元気がなかったので心配したが、じきに緑の蕾が膨らんできた。手間いらずではあるが、虫に食われはしまいか、冬の霜にやられはしまいか気になる。今夏はまた格別の暑さになるだろう。水やりをかかさないようにしたい。 

 改正種苗法は、国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を、不正に海外へ持ち出すことを禁じた法律である。今月施行されたのに伴い、農林水産省は1975品種を発表した。

 42道府県が登録しているコメや果実が中心で、登録品種が1702,出願中が273となっている。その一例として、シャインマスカット(ブドウ)やゆめぴりか(米)、シナノホープ(レタス)、つゆひかり(茶)、秋甘泉(ナシ)、さぬきの夢2009(小麦)、あまおう(イチゴ)などが挙げられる。 

 違反すると個人には1千万円以下の罰金、法人には3億円以下の罰金が科される。 

 資源の少ない日本は、手間暇をかけて農産物の味や風味を工夫してきた。加工食品や調味料に至るまで、品質管理にかける時間と情熱は他国の追随を許さない。

 汗と努力の結晶である農産物を、断固守り抜いてゆきたい。

「温故創新」210410 N722 伊波喜一

デジタルの 教科書導入 考えず 学ぶスキルを 身につけねばと

 新学期が始まるや、電車が混んできている。学生の声や姿を、電車の中で見聞きするようになった。新入生とおぼしき生徒達も、ひとところに固まっては何か話している。微笑ましい限りである。

 GIGAスクール構想の一環で、タブレット端末が小中学校に配備された。1人1台配布のため、インターネット環境さえあれば休校中もオンライン授業を受けられる。

 AI機能がついているので、デジタル教材では各人のつまずきに合わせて最適な復習問題も選んでくれる。学習履歴もしっかり記録されるので、個人の力を伸ばすことが出来る。

 さらに、デジタル社会の旗手にも育つ。もう、いい事づくめである。でも、本当にそうだろうか。

 義務教育の眼目は、生涯学び続けるための基本的なスキルを身につけることである。読み・書き・計算する土台の上に、知識を集約し考えをまとめる。個人の資質を伸ばしつつ、他者と協力して総合的な知見を得る。 

 あわせて芸術や体育にふれ豊かな心を育み、人としての資質を耕す。 

 異文化理解も含めた多文化と交渉する力を育てることが、資源のない日本に最も求められている。

 ICT教育の便利さだけに目を奪われると、画竜点睛を欠くことにならないか案じられる。

「温故創新」210409 N721 伊波喜一

全国で 無電柱化 着手して 災害対策 4千キロに

 花びらが散ったかと思ったら、いつの間にかコデマリの若葉が伸びている。巡ってきた季節に合わせて、自らを輝かせているかのようだ。その清々しさに触発されて、元気に朝のスタートを切ることが出来た。 

 国交省が今後5年間の無電柱化推進計画を公表した。災害に強い「脱・電柱社会」を目指し、救助や物質輸送の要となる緊急輸送道路を重点に、全国4千キロで無電柱化に着手する。

 地表に近い場所に電線を埋める「浅層埋設」を取り入れ、コスト2割削減を目標としている。設計から完了までの期間も、平均7年から4年へと短縮するとしている。

 「緊急輸送道路」や「バリアフリー法に基づく特定道路」の着手率も、引き上げていく。

 さらに、景観向上にも取り組む。全国に89地区ある世界文化遺産周辺も、9増の46地区に着手する。伝統的な街並みが残るエリアでも、工事を進めていく。 

 安全と景観については、これまでも検討されてきた。

 明治の国造りが始まって150年、やっと日本も無電柱化に歩を進め、環境整備の基盤が整う。

 遠く奈良時代より、国造りの基礎は道の整備からであった。

 碁盤目上の機能性と路地裏の生活感覚をどう組み合わせていくか、現代人の思案のしどころだ。

「温故創新」210408 N720 伊波喜一

偽メール アマゾン装い サイバーで フィッシング詐欺 手口巧妙

 海外からコロナワクチンが届いている。一律に開始とはいかないが、いよいよ日本でも接種が始まる。

 海外と比べると接種が出遅れているが、欧州ではコロナ変異種の対応を余儀なくされている。一筋縄ではいかないものだ。 

 インターネット通販アマゾン・コムからのメールを装って、カード番号や個人情報を盗むサイバー攻撃が増えている。

 このメールは日本人を標的にしており、昨年8月から今年3月までに約1億8500万通が確認された。

 メールの件名は「アカウントの確認」や「支払い方法の確認」などで、記載されている指示通りに手続きを進めると、本物そっくりのアマゾンの偽画面が表示される。

 パスワードや住所、電話番号、クレジットカード番号などの入力を求められ、入力すると犯人に情報が渡る。入手された情報を使って本人に成り済まし、カードを不正利用するというもの。

 このような場合、迂闊に反応せず、送信元アドレスが本当にアマゾンかどうかを確認することが重要だ。 

 昨年10月、筆者にも同様のメールが来た。アマゾンのカスタマーサービスに確認したところ、そのようなメールを送った事実はないことが分かった。

 先ずは慌てず、相談する。それから対応することを心がけたい。