「温故創新」220515 N1032 伊波喜一

壁厚し 治外法権 民主化の 矛盾抱える 本土復帰       

 柳の新緑が美しい。4月と比べ緑が濃くなってきており、陽射しの中でその緑が眼に優しい。

 沖縄の祖国復帰から、今日で50年である。直前に1ドル=360円の固定相場制から、1ドル=260円の変動相場制へと切り替えられた。

 その結果、ドルの価値が3分の2に下落した。祖国復帰するしかない沖縄に対する、国家の欺瞞である。先の見通せない中で、不動産の処分などは投げ売り状態だったことが強く印象に残っている。

 一方、米軍基地の割合はどうか。終戦後の1950年代は本土90%に対して、沖縄は10%。復帰前後の1970年代は本土40%、沖縄60%。2022年現在では本土の30%、沖縄は70%にも増えている。1県が負担する限度枠を、はるかに超えている。

 その分、沖縄への軍用地や思いやり予算などの措置を講じているはないか、という意見もある。しかし、1万8700haにも及ぶ基地は、土地の中央部分を縦断している。これらの土地が解放されれば、その経済効果は数十倍にも上ると試算されている。

 何よりも、辺野古基地埋め立てのような環境破壊と資源の浪費に比べ、どれだけ県民の生活向上に利することだろう。

 軍事目的の経済政策は所詮、砂上の楼閣である。その意識を高めない限り、基地問題は解決しない。

「温故創新」220510 N1031 伊波喜一

ペンよりも 銃勝るらん 対ドイツ 戦勝記念日  言葉虚しく       

 陽が照っているものの、日陰は肌寒い。今日が唯一の洗濯日和とのことだ。梅雨の走りはまだだが、明日からしばらく天気がくずれるとのことだ。

 ロシアでは昨日、対ドイツ戦勝記念日が開かれた。国を挙げての行事であり、ロシア国民のアイデンティーともなってきた。その戦勝の矛先をウクライナに向けているが、いかがなものか。

 ウクライナナチス化しているわけでも、ナチスを保護しているわけでもない。ロシア人を迫害しているとしているが、それこそ疑わしい。後付けの理由付けにしかならないだろう。

 しかし、ロシアのこれまでの軍事侵攻をみると、暴走しているとしか思えない。民間人や病人、学校や病院にまで砲撃を止めず、多大な犠牲を強いた。

 同胞であるウクライナを攻めれば、どういう結末を迎えるか、大統領に諫言する部下がいなかったのだろうか。裸の王様にされて、ピエロを演じているとしか見えない。

 長期権力は腐敗する。プーチン大統領には、耳に痛い情報が上がってこなかったのだろう。上手い・甘い言葉に誑かされて、気づけば自国も他国も混乱の極みに陥れてしまった。不幸としかいいようがない。 

 ロシアはこれからどういう結末を描いていくのか、大局に立って戦後処理を検討すべきであろう。

「温故創新」220503 N1030 伊波喜一

原爆の 惨禍留めん 朽ち果てて 鉄骨瓦礫 剥き出しのまま       

 新緑に光が当たる。5月の緑陰に陽光が眩しい。路面電車の沿線には街路樹が青々と茂り、その緑が陽の光を柔らかく濾(こ)している。

 元安橋を渡ると、目の前に原爆ドームの遺構が飛び込んでくる。ドーム状の屋根はレンガが崩れ落ち、鉄骨を晒している。

 壁の壁面を覆っていたレンガは崩落し、地面に散乱している。窓も空虚に開いていて、壁だけで建物が支えられている。崩落寸前である。

 被爆の状況をフィルムに収めたカメラマン達の証言が、残されている。彼等の目の前には皮膚がただれ落ち、この世のものとは思えない阿鼻叫喚が累々と続いている。地獄図より悲惨な、生き地獄そのものの現実が目の前にあった。

 今、ウクライナに対してロシアは核兵器の行使を辞さないとしている。現今の核兵器の破壊力は、広島の比ではない。それを行使すれば、どれほどの惨禍が起こるか想像も出来ない。

 この想像力の欠如が、末代にわたる惨劇を引き起こしていく。不信が憎悪を生み、武力を増長する。この負の連鎖を止めない限り、力による鎮圧はなくならない。

 仏法では、己心に善も悪も同居すると説く。悪を伏し、善を引き出す。理屈ではなく、奥底から湧き出る生命力こそ、分断を繋ぎとめる唯一の方法である。

 この哲学が構築されてこそ、平和への直道もあるのではなかろうか。

「温故創新」220502 N1029 伊波喜一

懐かしい 人と会うこと 今生の 思い出たるや 足伸ばさんか       

 夜半に雨が降り、今朝は朝から肌寒い。

 上さんと二人、成田から福岡へと飛ぶ。福岡駅から鹿児島本線で、八女市羽犬塚(はねいづか)駅で降りる。グアムでお世話になったN夫妻が、車で迎えに来て下さっていた。

 N夫妻との再会は、28年ぶりになる。お二人とも80歳代になられているが、お元気の様子である。

 N夫妻はグアムだけでなく、パキスタンやタイの日本人学校にも赴任し、現地の教育に広く貢献されてきた。足かけ10年の海外生活から得られた事がらは、深い知見をともなっていた。

 屋内には、スリランカで求めたゾウの陶器や壺が飾られていた。これは、現地の様子を紹介する際の糸口になる。同時に、現地の経済活動にも貢献する。

 奥様曰く「親を看取り、子育てを終えたのだから、これからは自分のために時間を使ってください。人生は短い。今やりたいことをやらなかったら、二度と時は廻ってきません。後悔しないためにも、すぐに始めることです」。

 このことは、人にも当てはまろう。会いたい人にいま会っておかなければ、次に会うことは出来ないかも知れない。思い立った時が吉日。

 後悔や反省、感謝や抱負など、いろいろあろう。しかしその思いを伝えてこそ、今生人界の思い出となるのではないだろうか。

「温故創新」220429 N1028 伊波喜一

全身の 臓器と密に 連携を 腸の働き 原腸形成       

 昨夜から冷え込んでいたが、今朝からの雨でさらに寒くなった。つい先頃までは半袖でも暑いぐらいだったが、季節が冬に戻ってしまったようだ。体調も狂いがちになるわけである。

 腸は消化を助け、排泄を促し、体調を調節する。その腸は、全身の臓器と密接なネットワークを形作っている。腸は受精卵から胎児に育つ過程で、最初に出来る器官である。これは原腸形成とよばれる。

 受精卵が分裂し、細胞を増殖していくためには栄養が必要である。その栄養を吸収するためには、腸の存在が不可欠となる。そこから臓器や筋肉、骨、脳や神経へと広がっていく。

 人間の体内で生成できる消化酵素は、20種類ほどと言われている。一方、腸に共生する細菌たちは、その500倍の1万種類もの消化酵素を生成すると考えられている。そうした共生細菌たちが私達の食べたものを分解し、栄養素に変えてくれる。

 腸には1000種類、100兆個ともいわれる腸内細菌が存在し、私達の体調に影響を与えている。大腸がんや糖尿病や動脈硬化、アレルギー疾患なども、腸内細菌の影響を受けている。

 まさに、腸は縁の下の力持ちを果たしている。その姿は、利他の働きそのものと重なってみえる。

 適度な栄養と運動、睡眠に加えて、利他の心がけで生きるならば、腸内細胞が活性化することは論を待たないだろう。

「温故創新」220425 N1027 伊波喜一

ストレスを 避けない姿勢 前向きの 心に宿る レジリエンスか       

 サクランボの青い実が、大量に道路に散らばっている。まだ十分に熟してもいないのに、鳥たちが啄んだもののようである。この分では、熟れたら大挙してやってくるかも知れない。

 ストレス耐性の一つに、ヒートショックプロテイン(HSP)がある。人間の体は通常、36℃前後に保たれている。そこから5~10℃ほど高い温度に置かれると、多くの細胞が死滅する。

 ところが、死なない程度の時間に置いてストレスをかけると、ストレスから回復させたときにストレス耐性がつく。そして、今度は長時間のストレスに耐えられるようになる。

 それまで眠っていた遺伝子が働き、普段では合成されないたんぱく質が形成されるからだ。このたんぱく質が細胞をダメージから守り、細胞の痛みを修復する。

 過度なストレスを大量に浴びると、ストレス過多になる。しかし、適度にストレスをかけながら耐性を育てると、ストレスに強くなる。 

 例えば私達の食事一つとっても、かなりストレスフルである。異物を取り入りこんで、滋養にする。抗体ワクチンも同様である。

 そう考えると、私達1個1個の細胞を活性化させると、とてつもない力を発揮することだろう。

 状況を的確に掴み、徐々に慣らしていけば、レジリエンスが高まることを実感している。

「温故創新」220422 N1026 伊波喜一

納骨の 四十九日 瞬く間 母の隣に 8年待つか

早朝から陽射しが強い。富士の麓まで車を走らせ、父の納骨を済ませた。3月初めに亡くなって、あっという間に四十九日が過ぎたような気がする。

 納骨堂の祭壇に骨壺を安置し、合掌する。それから、個人用の仏壇に骨壺を移動する。仏壇には、母の小さな骨壺が置かれていた。琉球の壺屋焼に納められた、母の遺骨である。

 母は父の分まで、骨壺を用意してあった。何とも準備のいい人だった。父とともに墓に入ろうと、お揃いの骨壺まで用意していた。父の面倒を見ようと思っていた筈が、父に先立つ事になった。母の小さな骨壺を見ていると、父の来るのを待ちわびていたように思えた。

 母のに比べると、父の骨壺は大きすぎるぐらいだ。ところが、不思議なことに、父の骨壺が下の段に置かれることで、母の骨壺のすわりが良くなった。考えてみたら、母が亡くなって、8年も経っている。先々の準備が良かった母にとって、8年間は長すぎる時間だったのかも知れない。それにしても、母は忍耐強かった。

 父が亡くなり、ふと寂しい気持ちが沸き起こってくることがあった。だが、母の骨壺を見た時に、父は帰るところに帰ったのだということを、実感した。二人は結婚して60年を越していた。夫婦にしか分からないことが、きっとあったに違いない。

 2基の骨壺が仲睦まじく並んでいる様子に、何だかほっとした。